医者

骨の悪性腫瘍について

医者

骨肉腫は骨にできる悪性腫瘍で、かつては患部を切除する手術が行われていました。しかし最近では化学療法が中心となり、また手術も切除部分をできるだけ小さくする方法へと変わって来ています。また骨肉腫すべてが悪性というわけではなく、傍骨性骨肉腫という良性のものもあります。

Read more...

首や肩に痛みを感じたら

長引くときは医師の診断を

看護師

肩や首の筋肉がつっぱる、痛むといった症状は多くの人が経験することです。これが寝違えなどによるものであれば、放っておいてもじきに解消されるのでそれほど心配はありません。ただ、痛みが慢性化したり、手や指のしびれなどを伴ったりするようであれば、早めに医師の診断を受けることが推奨されます。場合によっては頸部脊柱管狭窄症という病気である可能性があります。頸部脊柱管狭窄症の主な症状は痛みや上肢のしびれのほか、下肢のしびれ、麻痺などです。症状が進むと握力が低下し、箸や鉛筆を握るのに困難が生じたりします。さらに重症化すると排尿や排便に障害が出ることもあります。症状の進行程度はさまざまで、数か月程度の場合もあれば数年単位でゆっくり進行することもあります。

主な原因は老化

脊柱管とは背骨の中を通っている管状の組織で、脳から身体各部に通じる大事な神経組織が格納されています。脊柱管狭窄症はこの脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することで痛みやしびれなどを引き起こす病気です。脊椎は首から腰にかけてつながっている骨ですが、そのうち頸椎部分に発症するものを頸部脊柱管狭窄症といいます。頸部脊柱管狭窄症の原因はさまざまで、先天的に脊柱管が狭いケースもあれば、椎間板ヘルニアから引き起こされることもあります。しかし最も多いのは組織の変性、簡単に言えば老化です。頸部脊柱管狭窄症の治療については、軽度の場合は保存療法が、重度の場合は外科手術によって骨を削ったり広げたりして圧迫をやわらげたりする措置がとられます。術後はリハビリが重要になります。

病状の緩和

喫煙

咽頭がんは、初期の状態なら温存療法で大丈夫ですが、進行状態によっては、手術で声帯を取り除く事になります。声帯がなくなれば、声も出なくなり大変辛い状況に陥ります。タバコを止めることで、咽頭がんになる率が減りますので、禁煙にこころがけて咽頭がん撲滅を目指しましょう。

Read more...

身体を傷めずにがんを治す

病院

免疫細胞療法とは人の体内にあってがんなどの悪性新生物を攻撃する能力を備えた免疫細胞を活性化するという新しいがん治療法です。もともと人体にある自然治癒力を強化するので、副作用のリスクが極めて低いという特徴があります。

Read more...